インテリアコーディネーターの仕事とは

こんにちは。
インテリアコーディネーターの木村です。

大阪もまだまだ新型コロナウイルスへの対策と自粛に気を抜けませんが、
皆様はお家時間をどのようにお過ごしでしょうか。
お家の中が心地いい空間であればステイホームのストレスも少しは和らぐかもしれません。
インテリアコーディネーターは、お家の中やお家まわりを
そんな心地いい空間にさせていただくお手伝いをするお仕事なんです。

よく「職業はインテリアコーディネーターです。」と言うと
なんかかっこいいですねと言っていただきます。
とっても嬉しくありがたいことですが、なかなか仕事の内容までピンとこない方も多いかと思います。
そこで今回は少しだけ、インテリアコーディネーターの仕事内容についてお話させていただきます。

ネットで調べると次のようなことが仕事内容に上げられます。
・お客様に快適な住環境を提供する「住まいのスペシャリスト」です。
・室内全体のインテリアをコーディネートします。
・家具や照明をはじめ、カーテンや壁紙など空間を彩るもの全てが対象になります。
・住まい手にとって快適な住空間を作るために適切な提案・助言を行う専門職です。

このどれもが正解ですし、私自身もっと幅広く奥深いなと感じています。
具体的な内容としてはお客様との打ち合わせを重ねてご要望を実現していく仕事です。
工務店やハウスメーカーで注文住宅のインテリアコーディネーターをさせていただいた経験からなので
私は打ち合わせがメインですがもっとたくさんのお仕事の種類があります。
例えば、モデルハウスの飾りつけや、図面をCADやパースソフトで書いたり
あとは実際の商品を見にショールームに行くことも多いですが
ショールームで接客をしてくださる方も
インテリアコーディネーター資格をお持ちの方が多いです。

では、打ち合わせってどんなことをするのか。
それはまた次回のブログでお話させていただきます。